Chapter-568 デニムの流行

2015年9月26日 Chapter-568 デニムの流行

デニム生地はタテ糸をインディゴで染色し、染色加工をしていない横糸と綾織りにした綿の厚地織布のことですが、インディゴってなんでしょうか?

インディゴは青色・藍色の染料のことですが、化学物質の名前でもあります。古くは紀元前から色素として知られていたようです。藍色に染められる天然色素は藍植物からとれるインディゴだけです。ですが、インディゴ物質を含む藍植物であるタデアイは藍色ではなく普通の緑色の植物です。

緑色のタデアイからなぜ、藍色の染料が作れるのでしょうか? タデエアイの葉のなかには,インジカンという物質が含まれています。インジカンは無色です。タデアイをすりつぶすと、細胞の中に含まれていた分解酵素で分解されてインドキシルになります。インドキシルもまだ無色の分子です。インドキシルは空気で酸化反応を起こして2つのインドキシルが結合したインディゴが形成されます。

インディゴは水に溶けないのでそのままでは染色に使いにくいので、ヨーロッパでは化学反応、日本では微生物による発酵反応で水に溶けるロイコインディゴという黄色い分子に変換します。ロイコインディゴは水に溶けますが、空気中ではインディゴに戻ります。水に溶かした状態で染料として布を染め、布地をタンクから引き上げると分子は水に溶けないインディゴに戻るので、染まっていないロイコインディゴは分離してしまいます。この時、繊維の中にしみこんだロイコインディゴは繊維の中で水に溶けないインディゴに戻り、藍色になると同時に水洗いしても溶け出しにくくなります。

ロイコインディゴは水に溶けるのですが、それには条件があってアルカリ性の時でなければ水に溶けません。酸性になると沈殿してしまいます。そこでヨーロッパでは、化学反応による工業生産が行われる前はインディゴを腐った尿に溶かしてアルカリ性にして溶かしていました。

一方で、日本では尿は使わずに、微生物を使っていました。藍染めの発酵法はアルカリ性の環境下で活発に活動できる菌を使用しています。食品が発酵すると(腐ると)酸っぱくなることは経験的に知っていますが、このことは菌は基本的に酸を作るものとして産業利用されていました。アルカリ性で活動する微生物の有用性が知られるようになったのは1960年代以降のことですが、藍染めの世界ではそれよりはるかに前から職人はアルカリ性を好む微生物を活用していたのです。






この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
関連記事
スポンサーサイト
2015-10-13 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR