毎秒100グラム

2013年に打ち上げられたNASAの火星探査機「メイブン」の観測結果から火星の大気が太陽風によって毎秒100グラムずつ失われていることがわかりました。

毎秒100グラム
NASA/GSFC

地球の場合は中心部の核で高温で溶けた鉄が対流しているため強力な磁場が発生し、大気は太陽風から守られています。一方で火星は早い段階で中心まで冷えて固まってしまったために磁場がなく、太陽風の直接的な影響を受けてしまいます。このことが、地球と火星は兄弟のような惑星と言われつつも、火星はかつて存在した水を表面から失い、現在のように地球とは環境が大きく変わってしまった理由の一つだと考えられます。
関連記事
スポンサーサイト
2015-11-21 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR