関節リウマチは寿命を短縮させるかもしれない

米国ボストンのブリガム・アンド・ウイメンズ病院が約1000人の関節リウマチ患者について追跡調査を行った結果、関節リウマチが早期死亡リスクを最大40%増大させる可能性があることがわかりました。

関節リウマチは、自己免疫疾患と呼ばれる病気の一種で、本来、自分自身を感染症などから防御するために備わっている免疫系が誤動作して自分の身体の関節を攻撃し、痛みや腫れを引き起こす病気です。どのようなメカニズムで関節リウマチが患者の寿命を縮めるのかについては今後の研究課題です。

ブリガム・アンド・ウイメンズ病院
関連記事
スポンサーサイト
2015-11-21 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR