有害物質を有用物質に変換する光触媒

九州大学の研究者らが、光エネルギーを利用して有害物質を有用物質に変換する画期的な光触媒の開発に成功しました。

トリクロロメチルベンゼンは人体や環境に悪影響を与える環境汚染物質です。

一方、生体内には活性部位に金属原子を保持している金属酵素と呼ばれるタンパク質があり、金属酵素は、体温、大気圧というマイルドな条件で化学物質を別の物質に変換する触媒作用を持ちます。このような酵素の性質を使って、有用物質を安価に、省エネルギーで生産しようとする「バイオインスパイアード触媒」の開発が世界的に活発に行われています。

今回九州大学の研究チームは環境汚染物質を化学工業品として価値の高いエステルやアミド化合物に光エネルギーを使って変換する触媒の開発に世界で初めて成功しました。開発したのは金属酵素を元に開発した触媒化合物を、酸化チタン光触媒の表面に化学修飾したハイブリッド触媒です。これに紫外線を照射することによって環境汚染物質であるトリハロメタン類を有用な化学物質へ変換できることが確認されました。

有害物質を有用物質に変換する光触媒
関連記事
スポンサーサイト
2015-11-21 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR