チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の素顔

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星
ESA/Rosetta/NavCam

この写真は彗星探査機「ロゼッタ」が433キロメートルまで接近して撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星です。

写真の上方に向かってかすかに「尾」が見えますが、この中には水蒸気や酸素、一酸化炭素、二酸化炭素、さらに窒素や硫黄、希ガスなどが含まれていることがわかりました。特に酸素については、水や一酸化炭素の中に含まれる酸素原子だけではなく、酸素分子が想像以上に含まれているようです。酸素分子はいろいろな他の分子と反応して酸化物になりますので、宇宙空間にはほとんどありません。分子の酸素が彗星に大量に存在している理由がわかれば、太陽系誕生の謎の解明に近づけそうです。
関連記事
スポンサーサイト
2015-11-21 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR