サンタクルス島のゾウガメにも多様性があった!

サンタクルス島のゾウガメにも多様性があった!

米エクアドル環境省はゾウガメで有名なガラパゴス諸島のサンタクルス島で新種のゾウガメが確認されたと発表しました。
ウィキペディアによると、この島のゾウガメは固有亜種のサンタクルスゾウガメ (G. n. porteri)が存在するとされていますが、どうやらバリエーション(多様性)があったようです。 固有亜種と異なることは外見の他、遺伝子検査でも確認されました。250~300頭は生息しているようです。

関連記事
スポンサーサイト
2015-11-28 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR