最も遠くの高エネルギーガンマ線天体

最も遠くの高エネルギーガンマ線天体

東京大学、京都大学、東海大学などによる国際共同研究において、高エネルギーガンマ線天体としてはこれまでの観測史上最も遠くにある「PKS1441+25」を発見しました。75億光年彼方で発見されたこの天体は活動銀河核と呼ばれる超巨大ブラックホールで、上はそこの天体を近くから見た時の想像図です。

観測にはスペイン領カナリア諸島にある双子のチェレンコフ望遠鏡「MAGIC」が使用され、この天体から放出されるエネルギーを調べることによって、この天体と地球との間の宇宙空間の性質や宇宙の進化のようすを調べることができます。
関連記事
スポンサーサイト
2016-01-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR