異常高温に耐えるイネってイイネ

異常高温に耐えるイネってイイネ

動物は暑くなれば涼しい地域に移動すればよいですし、昆虫などは実際に生息域が長期の気候変動に合わせて変化しています。ところが植物はそう簡単に移動できませんし、ましてや農作物であれば近年の高温による影響は致命的です。

東京大学の研究チームは、別の植物が暑さに耐えている最中に作られるたんぱく質の遺伝子を組み込んで、高温によく耐えるイネを作製しました。このイネは成長は元になった品種と同じでありながら、真夏の炎天下を想定した55度2時間の環境でも影響を受けませんでした。

年平均気温の変動は1度とか2度とかいうレベルでも最高気温は著しく上昇していますので、今回イネで成功した手法が大豆などの他の作物にも適用できるかどうかを引き続き検討するようです。あとは、そのような遺伝子組み換え型作物を受け入れる側の問題でしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
2016-02-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR