ワイヤレス充電バス

ヨーロッパや韓国では実証実験の進んでいるワイヤレス充電の路線バスですが、日本でも本格的に(?)スタートのようです。

東芝は早稲田大学と共同で、ケーブルを接続しなくても充電が可能な最新のワイヤレス充電装置とリチウムイオン二次電池を搭載した電動バスシステムを開発しました。2016年2月1日より2016年度末までの予定で、羽田空港周辺地域などにおいて公道実証試験を実施しています。

電池とモーターで走行する電動バス、EVバスは近隣拠点間連絡用の企業バス、観光地や空港の巡回バスなどに有利なクリーンな移動手段だと期待されていますが、高頻度充電を行う必要があり、安全で手間のかからない充電方法が求められています。

東芝が開発したのは磁界共鳴型ワイヤレス充電装置というものです。この充電装置は乗用車EVのワイヤレス充電向けに制度化が進んでいる85kHz帯を使用してバスに搭載したリチウムイオン電池を充電する仕掛けです。
関連記事
スポンサーサイト
2016-02-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR