3月5日 小惑星が地球でフライバイ

NASAのニュースによると、2016年3月5日(日本時間では4日?)に小惑星「2013 TX68」が地球でフライバイをするようです。
http://www.nasa.gov/feature/jpl/small-asteroid-to-pass-close-to-earth-march-5

この小惑星はその名前からわかるとおり、2013年に観測されたのですが、わずかな時間しか観測できなかったため、正確な軌道が計算できておらず、推定されている最接近時の距離は、1万7000キロから、1400万キロと大きな幅があります。もっとも近いコースを通ったときには静止衛星の軌道と地球の中間あたりを通過し、最も遠い場合には月よりも遙か彼方を通過します。

現在この小惑星は太陽の方向から接近しており、大きさが直径30メートルしか無いため、観測ができていません。地球を通過した後は太陽の光を地球に向かって反射するため、いろいろな観測装置で観測できるであろうと思われています。
関連記事
スポンサーサイト
2016-02-25 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR