怖い思いをするとホントに血が凍った

よく「血が凍るほど恐ろしい思いをした」なんていう表現を目に、耳にしますが、オランダ、ライデン大学の研究によると、どうやらそれに近い現象が実際に体内で起きているようです。

実験ボランティア24人に死よりも恐ろしいホラー映画をみてもらい、映画をみる前とみた後の15分以内に血液検体を採取し、血液の固まりやすさを調べました。比較対象として、起きているのがやっとなほどの退屈な教育映画を見てもらう実験もしました。その結果、ホラー映画をみた後の血液中には血液凝固第VIII因子と呼ばれる、血液を固まらせる作用のある物質が著しく増えていることがわかりました。

なお、この現象には科学的根拠があります。突然の恐怖状態においては、ゾンビから攻撃されて血が出たときに、すぐに止血ができるように、血を固まりやすくする体制を体が無意識のうちに整えているからなのだそうです。
関連記事
スポンサーサイト
2016-02-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR