宇宙最大のブラックホールはこいつだ

下の画像はハッブル宇宙望遠鏡が撮影した巨大楕円銀河 NGC 4889 です。画像の真ん中少し下に丸い中心部分があってそこから画面一杯に白いもやが広がっているのがそれです。NASAとESAの観測によって、ここに宇宙最大のブラックホールがあることがわかりました。

宇宙最大のブラックホールはこいつだ

ブラックホールの大きさといえば地球よりもはるかに小さいというイメージがありますが、このブラックホールは太陽系の15倍もの大きさがあって・・・「太陽の」の誤入力ではないですよ、太陽から海王星までの距離の15倍もあるという意味ですよ・・・こんなブラックホールが近くにあれば、ブラックホールというものそのものの見方が変わってしまいそうな大きさです。

ブラックホールは周辺の天体を吸い込んでエックス線などを放出し激しく活動しますが、このブラックホールは周辺のあらゆるものを吸い込み終えてしまい、飲み込むものがないので今は静かになっています。こんなに大きなブラックホールですので、知的生命体のいる惑星系を何個も飲み込んでしまっているかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト
2016-03-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR