脊髄損傷を細胞移植で回復させる

脊髄を損傷すると下半身不随となり、生活の質が大きく低下します。

一度損傷した脊髄は、二度と再生しないというのが現代医療の常識です。ですが、最近の神経科学の研究によるとそうでもないらしいことがわかってきました。脊髄損傷患者の脊髄に神経幹細胞を移植すると機能が回復する場合があるのです。

iPS細胞から作った神経幹細胞を脊髄損傷マウスに移植したところ、移植12週間後の脊髄内ではiPS細胞由来の神経幹細胞から、正常な神経を形成するために必要なニューロン、アストロサイト、オリゴデンドロサイトが作り出されていることがわかりました。しかもそれらはもともと存在していたニューロンとネットワークを構築していることもわかりました。その結果、細胞移植したマウスでは明らかな運動機能の改善が観察され、歩行が可能となっていました。
関連記事
スポンサーサイト
2016-03-12 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR