ボロフェン

ボロフェン


2004年に原子1個分の厚さしかない炭素のシート、グラフェンが発見され、2010年にノーベル物理学賞を受賞して以来、さまざまな単層原子シートの研究が進められています。というのも、原子を単層のシートにすると原子のかたまりの時には見られなかった様々な特徴的な性質が表れ、それらの多くが新素材としての価値が非常に高いためです。

そのようなシートはこれまでに、ケイ素、窒化ホウ素、二硫化モリブデンなどが創り出されてきました。

今回、米国アルゴンヌ国立研究所の研究者らによってホウ素原子の炭層シート「ボロフェン」の合成に成功したという報告が出ました。蒸着に似た方法でホウ素原子をシート状に合成することに成功したもので、一般的なホウ素の性質とは異なり、ボロフェンは金属のような性質を持って電気を流し、しかも、特定の結晶方向にのみ電気を流すという特殊な性質を持っていることも推定されました。この特異な性質は導電性素材としての有効性を予感させるものです。
関連記事
スポンサーサイト
2016-03-20 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR