2016年3月19日 Chapter-593 毛包を大量生産

2016年3月19日 Chapter-593 毛包を大量生産  

横浜国立大学の研究者らは、毛髪を生み出す「毛包」と呼ぶ器官を大量に再生する実験にマウスの細胞で成功しました。

毛の生え替わりにかかわる2種類の幹細胞を混ぜて毛包に似た器官に育てたのですが、この時、シリコーンゴム製のシートに直径1ミリメートルのくぼみを多数作り、それぞれのくぼみの中で幹細胞から毛包細胞に育てます。今回の実験では毛包細胞をくぼみから注射器で吸い取って移植しましたが、このシートは酸素透過性がありますので、今後は毛包をシートごと皮下に移植する治療法も検討されます。

脱毛症の再生医療に応用できそうで、3年以内の臨床研究開始を目指しています。現在すでに脱毛症の再生治療は行われていますが、自分自身の毛包を移植する方法で移植後の定着率が低いことが問題でした。脱毛は多くの人の悩みですので、安価に保険適用で治療ができるようになると良いのですが。



この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。
ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。
無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。
有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。
関連記事
スポンサーサイト
2016-04-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR