大空を目指した恐竜たち

イー
イー
中国で発見された皮膜の羽を持つ恐竜です。恐竜の子孫である現世の鳥類には皮膜の羽を持つ鳥はいませんので、進化の過程の試行錯誤の結果、羽には羽毛が選ばれましたが、その理由はまだわかっていません。推定全長60センチで、現在発見されている恐竜の中では最小です。ジュラ紀中期~後期(1億7000万年前~1億5000年前)に生息していました。

ミクロラプトル
ミクロラプトル

大空を目指した初期の恐竜は脚にも羽を持つ四翼型でした。ミクロラプトルは骨の構造から判断して羽ばたくことはできず、滑空によって飛行していたと思われます。全長80センチ。白亜紀前期(1億3000万年前頃)に生息していました。
保存状態が良く羽毛もはっきり確認できます。羽毛細胞の痕跡を分析したところ、ミクロラプトルは黒い羽毛で覆われていたようですが、光の反射によって青や紫色に輝いていた可能性もあります。初期の飛行恐竜はみな黒色でした。

ジェホロルニス
ジェホロルニス

白亜紀前期(1億3000万年前)頃に生息していました。全長は80センチで中生代の鳥類では最大級です。形態の全く異なる尾羽(鳥のしっぽ)が上下に2本あるツインテール型であることが特徴で、上段は左右に幅広く広がった現世の鳥のものに似た尾羽、下段は細く伸びた木の枝のような尾羽でした。上の尾羽が揚力、下の尾羽が直進安定性を狙ったものなのかもしれませんが、ツインテール型の尾羽を持つものは、現世鳥類を含めてもこの種しか見つかっていません。上の化石写真では下段の尾羽がはっきりと見えます。
飛行機も尾翼が二段になったものがありましたが、当時の恐竜もよりよい飛行形態を求めて様々な進化的試行錯誤をしていたようです。


孔子鳥
孔子鳥

これも白亜紀前期に生息した孔子鳥です。雄は全長45センチ、雌は25センチでした。ジェホロルニスと時代的に大きな違いはありませんが、骨格が余里現世の鳥に近いため、進化形であると考えられます。なお、雄と雌の全長の違いは尾の長さの違いで、身体の大きさは雄も雌も大差ありません。形態は「鉄血のオルフェンズ」に登場したクタン参型、あるいは「ダブルオー」に登場したプトレマイオスにそっくりで、このままガンダムを抱えて飛び立っても不思議ではないような姿をしています。

恐竜博2016

関連記事
スポンサーサイト

tag : ジェホロルニス ミクロラプトル 孔子鳥 恐竜博2016 恐竜 鉄血のオルフェンズ クタン参型

2016-04-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR