耐熱セラミックスも印刷で

米国のHRL Laboratories社が耐熱・高強度セラミックを3Dプリントする技術を発表しました。

セラミックはターボエンジンのタービンのような過酷な環境で使われる軽くて硬い材料ですが、要するには茶碗と同じものですので、求める形状に粘土を成形して焼かなければなりません。そのため、小さく緻密な構造の部品を作ることはできませんでした。

HRL Laboratories社は一般的な光造形3Dプリンターで特殊な高分子の素材をレーザー光造形し、それを焼き固めます。3Dプリンターでの造形は型枠などでは作成が不可能な複雑な構造も成形可能ですので、セラミックの用途が一気に拡大しそうです。3Dプリンターは樹脂、金属、細胞、食品、そしてセラミックと印刷できない素材を探す方が難しいほどになってきました。

関連記事
スポンサーサイト

tag : 3Dプリンター セラミック

2016-04-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR