口臭をチェックできる居酒屋の箸袋とか?

科学研究や産業用に様々なセンサーが活用されています。光、音、圧力、電気、湿度、磁気etc...センサーで測定可能な情報はいろいろありますが、臭いに関するセンサーはこの10年間で急速に進展した最も新しい分野です。

このたび、パナソニックと大阪大学の研究者らはマウスから取り出した特定の匂いに反応する嗅覚細胞を薬品で処理し、細胞が臭い分子に反応すると光って知らせる技術を開発し、臭いセンサーとして応用する基礎技術を確立しました。様々な臭いに反応できるので、尿の臭いを検査してがん検診を行ったり、香水や食品の香りの客観的な評価に応用できます。


産業用途はもちろん重要ですが、口臭や体臭のような自分では気づきにくい自分自身の臭いを手軽にチェックできるような製品も欲しいところです。居酒屋の箸袋にこの細胞を付着させておき、宴会が終わって帰る間際にちょっと口臭のチェックをしてから店を出る、とかどうですかね?


関連記事
スポンサーサイト

tag : 臭い 箸袋 嗅覚細胞

2016-04-24 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR