ブラックホール同士の衝突を見てみたい

重力波の人類初観測が報告されたのは今年、2016年2月のことでしたが、その時と同じ観測施設LIGO(レーザー干渉計重力波天文台)で2度目の重力波観測の報告がなされました。実際に観測されたのは2015年12月26日のことでした。

2015年12月の重力波は14億年前にブラックホール同士が衝突し、その時に発生したものです。重力波は質量のある物体が動けば必ず発生しますので、私たちが歩いただけでも本当は発生しているはずです。でも、その程度の重力波は装置の感度の点から観測は不可能で、実際に観測できるのはブラックホール同士の合体など、想像を絶する激しい天文現象が原因で発生したもののみです。

今回検出された重力波は太陽の14倍と8倍のブラックホールの合体によるものです。もちろん重力波が観測されても「おぉ」って思うし、「あぁ、宇宙って意外と賑やかなんだな」などとも思いますが、ここまでくればもう、可視光線などの電磁波でブラックホールの衝突を画像化したものを見てみたくなりますね。宇宙全体を揺さぶるような天体現象って、いったいどんなふうに見えるのでしょうね?

関連記事
スポンサーサイト

tag : 重力波 宇宙

2016-06-19 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR