3Dプリンターで印刷された建材で出来たオフィスビル

3Dプリンターで印刷された建材で出来たオフィスビル

ドバイで世界初となる3Dプリンターによるオフィススペースが披露されました。

広さは250平方メートルです。オフィスを作成した3Dプリンターは、高さ6メートル、奥行き37メートル、幅12メートルの巨大なもので、特殊なセメントを印刷して17日間、1500万円で建設しました。中国のセメント用3D技術によるものです。通常建築では不可能な未来をイメージした革新的なデザインの外観になっています。今回のオフィス製作は、「ドバイ3Dプリンティング戦略」の一環として実施され、同戦略の中で、ドバイは2030年までに、3Dプリンティング分野において、世界をけん引する立場になることを目指しています。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 3Dプリンター

2016-07-18 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR